+ Selected Entries +
+ ひとりごと +

この暑さ!何!!(-_-;)
8/2


+ 愛描 <(*ΦωΦ*)> +
abi
アビィ

3か月(10/6)の写真です。
ラパーマの雌・ブルーポイント・ブルーアイ
ツンデレで賢いママっこです。最近太り気味。

++++++++++++++++++++


カミュ

3ヶ月(4/2)の写真です。
アビシニアンの雌・ルディ・ヘーゼルアイ
運動能力抜群、天真爛漫かと思いきやアビィ姉が怖い。お腹が弱めで気を使います。

++++++++++++++++++++



我が家のアビィ (=^・^=)


カミュが出演したCM・右のコ
+ あらしごと★じゅんごと +
Debut 18th Anniversary✨✨
   Congratulations❗❗
   └(・∀・)┐嵐┌(・∀・)┘嵐

アンニュイな潤くん(*^-^*)!
美しいね


モモの頃の潤くん、可愛いねぇ


嵐JET2010就航(大阪伊丹)
by Movin'on good(>◇<*)




+ Profile +
+ Categories +
+ Archives +
+ Links +
+ Recommend +

【輸入盤】ピアノ・ソナタ第3番、幻想ポロネーズ、夜想曲第17番、第18番 シャルル・リシャール=アムラン [ ショパン (1810-1849) ]
【輸入盤】ピアノ・ソナタ第3番、幻想ポロネーズ、夜想曲第17番、第18番 シャルル・リシャール=アムラン [ ショパン (1810-1849) ] (JUGEMレビュー »)
16年5月末コンサートに行き翌日注文、届いたのは1ヶ月後でした・・・。
指使いが凄くて!
\(◎o◎)/!
クリスマスローズのすべて (別冊NHK趣味の園芸)
クリスマスローズのすべて (別冊NHK趣味の園芸) (JUGEMレビュー »)
野々口稔,横山暁
古い出版ですがすごく詳しいです。悩んだ事も分かり易く、早く買えばよかったと後悔。
クレマチス―育て方から最新品種まで (別冊NHK趣味の園芸)
クレマチス―育て方から最新品種まで (別冊NHK趣味の園芸) (JUGEMレビュー »)

これも詳しくて超お勧め。参考にして一杯咲かせたい。
デンドロビューム (NHK趣味の園芸・よくわかる栽培12か月)
デンドロビューム (NHK趣味の園芸・よくわかる栽培12か月) (JUGEMレビュー »)
石田 源次郎
丸ごと1冊デンドロビュームだけの園芸書です。分かり易いですよ。蘭の中では頑丈で育てやすく、丸っこくて可愛い花です。
小鳥のさえずり
小鳥のさえずり (JUGEMレビュー »)
ヒーリング
森の中、降るが如くの野鳥たちのさえずり、心地イイの一言です。
癒されたい人聴いてください。
Fuzjko
Fuzjko (JUGEMレビュー »)
フジコ・ヘミング,ショパン,ドビュッシー,ベートーヴェン,リスト,シューマン,スカルラッティ
とてもステキな演奏ですよ、心が落ち着きます!。本当は生演奏を聴きたいところですが、この人のチケットは物凄くお高いっ。よってCDで楽しむのだ。
千住真理子ベスト
千住真理子ベスト (JUGEMレビュー »)
千住真理子,越谷達之助,クライスラー,ドビュッシー,エルガー,山洞智,山洞智,鷲見三郎,丸山滋,藤井一興,梅村祐子,N響メンバーによるアンサンブル
LUPIN THE THIRD“JAZZ”
LUPIN THE THIRD“JAZZ” (JUGEMレビュー »)
大野雄二トリオ,大野雄二
おなじみルパン3世のBGM、ジャズアレンジでゆったりとした気分に浸れます。
スヌーピーのジャズ
スヌーピーのジャズ (JUGEMレビュー »)
クラシックス・オン・トイズ
おもちゃの楽器による可愛い音色。ジャズナンバー14曲が入ってます。私は「私のお気に入り」がお気に入り。(>m<*)
彩の国シェイクスピア・シリーズ NINAGAWA×W.SHAKESPEARE DVD BOX IV
彩の国シェイクスピア・シリーズ NINAGAWA×W.SHAKESPEARE DVD BOX IV (JUGEMレビュー »)

蜷川幸雄演出!成宮寛貴・小栗旬(お気に召すまま・初演)・北村一輝(恋の骨折り損)シェイクスピアの喜劇。オールメン(女性役も男性が演じる)ならではの笑いあり!(o≧∀≦)ノ 成宮くんが綺麗です。
武士の職分 江戸役人物語 (角川文庫)
武士の職分 江戸役人物語 (角川文庫) (JUGEMレビュー »)
上田 秀人
最近、時代小説にハマってます。
武士にも色んな職業があって面白いですよ〜。上田秀人さんのを読み漁ってます。
動物のお医者さん (第1巻) (白泉社文庫)
動物のお医者さん (第1巻) (白泉社文庫) (JUGEMレビュー »)
佐々木 倫子
ちょび!!(*^。^*)
デッサン力抜群ですね!!
ピタゴラ装置DVDブック1
ピタゴラ装置DVDブック1 (JUGEMレビュー »)

なんて良く出来てるんだろうって目を離せません!自分の部屋にも欲しいです(*^。^*)
+ Others +



イチオクノMJ

興味を惹いたことUP (*^。^*)
++ ヤッターマン ++
yatta−日本でもアメリカでもとんでもなく人気!(さすが翔クン!)、
どんなに混んでるかとヒヤヒヤしながらレディースディの初回に出陣しましたが、田舎のせいかガラ空きで・・自宅から1駅のワーナーマイカルシネマに感謝です!(ノ>ω<)ノ

実のところ、何故ドクロストーンを狙ってるのかは今回初めて知ったのだ。よくよく思い返すと最後どうななったかも覚えていない(^_^.)。がー!、ドロンボーが悪さしてヤッターマンがっていうか、ミニメカがやっつけたり自ら自爆したりして、ドロンボー達がお仕置きされるパターンをサザエさんや水戸黄門的に見ていたというのが正しい。
そんなワンパターンな話でも登場人物のキャラ設定(やはりドロンボー一味の設定が楽しい)と毎回の楽しいミニメカ、木登りブタ、いつもの合言葉「お仕置きだべぇ〜」「ブタもおだてりゃ木に登る、ぶー」とか、毎回楽しんで笑いながら見てしまいましたねぇ。
私の中では「ヤッターマン」と言う題に関わらず、主役はドロンジョだったよな。

今回の映画は彼らのキャラや見かけに非常に忠実な俳優達(やはり正義の味方には清潔感漂う翔クンが適役だし、お色気の深キョンはやはりドロンジョに、見かけのこ汚さやドロンジョへ欲情してるボヤッキー生瀬にはホントに参ったね・・・)そのまんまの衣装!や特徴的なオモシロ要素が洩れなく詰まっており、且つ、1号とドロンジョのあわい恋が生まれる云々は面白いと思いました。
アニメのドロンジョは1号よりだいぶ年上でお互い全くの対象外って感じでしたが、深キョンのドロンジョなら翔クン1号には釣合うよねぇ・・・彼女のお色気にあたって1号がもうちょい深いキスを迫る場面とかあったら萌えれたのに・・・とか(*^。^*)
でもね、一番萌えたのは行方不明の博士の娘がさそりに咬まれて、1号が毒を吸い取ってる場面です!!。翔クンが彼女の太腿それも内腿に吸い付いていたのには・・・ひぃいいーーーーーとなりましたよっ!!( ̄ー ̄)翔クン、プライベートでそんな経験あるんでしょうかねぇ??もう20代半ばだし許すよ。
テーマ曲も挿入かも当時そのままで違和感ないし、CG技術も凄くてビックリだった。
とびうおミニメカが出世した鰤ミニメカに絶対負けるの分っていながら、涙を溜めて向かっていくのが切なく可愛かったなぁ・・・ETCカードセットして高速に乗るヤッターワン(≧◇≦)も現在の話題にも乗っかって楽しかったです。
DVD出たら欲しいかも〜。


JUGEMテーマ:ジャニーズ


| 2009.03.18 Wednesday * 15:21 | 映画・舞台鑑賞 | - | - |
++ あれがマリッジリング(☆Д☆) ++
上演開始から早1ヶ月。やっとこさ「花より男子F」観てまいりました。
後にまわせる事は後にする性格が禍しております。「花男F」は人気でロングランだからイイのですが、なぜか好みのB級映画では気が付けば「今週でおわっちゃうよ〜\(◎o◎)/!」って慌てて出かける事が多いんです。
夏休みなんだなぁ、子供連れが一杯でしたね〜(実感)もう煩くて。そんで持って混んでました。
この子達、まさか花男観にきたとか??・・いや、そんなことはないだろう・・・じゃぁ何?・・ポニョか・・・助かった・・・と、そんな回想が巡りました。(^_^.)

ドラマと違って筋立てが甘かったと思います。
人気で高額な制作費が使えロケ地も出演俳優も非常に豪華だった。反面、2時間半にそのロケ地を入れて、チョロッとしか出ない俳優出してる為、つくしとF4の絡んでる時間が少なくていつも味わえる連帯感が薄かったなぁ、あと、ふたりの結婚を何の問題もなく進める道明寺の母にも物足りない感がありました。
が、司のつくしへの愛情がとても深く垂れ流し状態で(*^。^*)
甘甘なのがよかったよ(≧ー≦*)
hanadan
しーちゃん的見所は・・・
ホテルでの潤クンのアクションシーン。←あれだけよく動けるよ!潤クンの身体能力に惚れ惚れした(o≧∀≦)ノ
無人島での野外生活、御曹司が狩をして住居を整えたり、クレジットカードで髭剃りする姿には萌えでした。
恵比寿ガーデンプレイスの思い出のオブジェ前での結婚式にはウルウルしました。質素に土星のネックレスだけつけたのつくしのウエディングドレス姿が良かった。真央ちゃんってホント可愛いわ。
そして指輪交換です。スクエアカットダイヤの指輪って婚約指輪?と内心突っ込んでたら、司も同じ物を嵌めて・・・おい、それが結婚指輪なのかー(☆Д☆)。流石道明寺財閥なんだけど、そんなんずっと付けていられるのかー司!・・・・。
道明寺の夢はつくしを手に入れること。つくしの夢は司との子供だったのねーちょっと以外でしたけど(*^。^*) 1年後思い出となった南の島で子供出来た報告に、喜んでいた司が印象的でした。

無人島のシーンでこの映画を思い出した。
青い珊瑚礁
青い珊瑚礁
最後に子供出来た報告があったぐらいなので、出来れば司とつくしのエッチシーン観たかったな。あんな軽いキスシーンだけでは物足りない・・・(^_^.)
こっちはエッチシーン満載でした。

ジャニーズで誰よりも愛してる潤クン。
海のシーンでのスレンダーな身体にも萌えましたが、ホントは智久クンのようにもっと胸筋モコモコある方が好きです(*^。^*)
ごめんなさい。
JUGEMテーマ:ジャニーズ
| 2008.08.05 Tuesday * 10:01 | 映画・舞台鑑賞 | comments(0) | - |
++ かもめ ++
シアターBRAVA!にて、昨日、友人と観てまいりました。
見終わって・・(☆Д☆)、一言で言うと「みんな不幸」。登場人物が揃いも揃って全員不幸なのよね・・・何故そこまで不幸なのかー!。
もっと冷めた見方をすれば不幸すぎて滑稽とも言える。
ただ、誰でも外見では分らなくても苛立ちや不満など持ってる筈、人間の性を分りやすく表現しているとも感じた。

kamomeネタバレしますので注意!
トレープレフ:(藤原竜也)
作家として成功し女優である母に認められたいが茶化され、母の愛人のトリゴーリンにも馬鹿にされ、愛するニーナにも「よく分らない」と言われ傷つく。ニーナへの想いは最後まで報われない。仕事と愛を得られなくて自殺。
竜也クン、表情も台詞も上手くて見てて安心でした。
アルカージナ:トレープレフの母・女優(麻実れい)
女優として若く美しく有りたいと願ってる。24才の息子の若ささえ疎ましい。母としての愛情はあるが見当違いの行動をし息子を傷つける。が、それが何故かは分っていない。自分が望みに外れることはすっぱり切り捨てる。自分に一番正直で暴虐武人、回りの影響力が大。
麻実さんですが、アルカージナが主役かと思う程非常なオーラ発してた。色んなお芝居でこの人を見てますが、今までとは全く違う可愛く無邪気で強引な役でしたね・・。やっぱ一番上手いんじゃないでしょうか・・。
ニーナ:トレープレフが思いを寄せる娘(美波)
トレープエフの想いを知りながら、有名作家トリゴーリンに惹かれる、女優を目指す可愛い女性。この時は白のドレスで夢と希望に溢れた様子だが、トリゴーリンを追いかけ結婚、出産、女優として舞台を踏むが、子が死にトリゴーリンに捨てられる。女優としても売れずに実家へも戻れない、貧しい生活をしている。この時は黒の衣装なんだねぇ・・不幸のどん底だよ。トレープエフと再会し彼が愛を語っても、トリゴーリンを愛してると言い放つ。一番落差のある役だねぇ。
美波ちゃん、可愛かったです。特に白のドレス着てる時は希望に溢れてキラキラして見えました。
トリゴーリン:アルカージナの愛人・有名作家(鹿賀丈史)
有名なのが羨ましいと告げるニーナに作家の現実(←書き続ける事の強迫観念とか)を暴露している。ニーナに惹かれたが子供が死ぬとちゃっかりアルカ-ジナに戻る。流されやすい性格。又、それを自覚している。
マーシャ:トレープエフに想いを寄せる娘 
一向に振り向いてもらえず諦めてメドベジェンコと結婚する。子供もできるが夫も子供も全く愛せない、態度にも言葉にも出してるよ、一番キツイ性格かも。妥協すると不幸だね(^_^.)
メイドジェンコ:マーシャに想いを寄せる男 
妻にも妻の両親にも疎まれ無視され続ける。その嫌われ具合が返って滑稽さを出してる。
ソーリン:アルカージナの兄 
病身で領地に住んでる。都会に出たいと思いつつ妹に拒否されてる。したい事ができないと嘆いている。
シャムラーエフ:ソーリンの領地の管理している元軍人、マーシャの父。
プライド高いが能力無しで雇い主にも文句を言う。他の登場人物全員に厭きられている。
ポリーナ:シャムラーエフの妻 
夫の所業に気を使い疲れ、嫌っている。医師のドルンに恋している。
ドルン:医師 
この中で一番常識的、傍観者的な人。ひょっとしてアルカージナが好きなのかもしれない。

「私はかもめ」(←ニーナが発する)って聞いた事あるわ「かもめのジョナサンね・・」とか訳分らん会話して(^_^.)友人共々おバカです。
『かもめ』に自由と希望を望んだニーナ。
でもどんな因果か、トプレーエフがたまたま猟銃で撃つ落としてしまう。女優を目指したニーナは成功せず。その上、剥製にしたカモメをトリゴーリンがトレープエフのデスクに置いた(つまり作家としてダメと言われたも同然でしょう・・)後、トレープエフは自殺したんですね〜。
はぁ〜。
不幸だ〜。

ranti観劇前、友人とランチ(^−^)
<Bセット>ツナと茄子のトマトソース・鱈のフライ+サラダ添え・生ハムとチーズのカルツォーネ
普段フライ物を作らないので非常に美味しかった(*^。^*)カルツォーネの生地はモチモチででしたよ!。なんかピザが美味しいらしい(本屋で情報得た(^−^)ので、次回は試してみよう。
LA PASSO  松下IMPビル1F

ちょうどお昼の時間でビジネスマンで溢れてた。背広姿が珍しく(私、工場勤務で作業着きてましたっので)又、若い人は細めのでカッコイイわ〜(*^。^*)。萌えました。
ファーストフード店でもお昼食べるんだネェ・・フライドポテトをつまむ姿を見て、安く済むんだろうがカロリー高くバランス悪い、良くないよーと思って仕方なかったです(^_^.)


| 2008.07.25 Friday * 16:51 | 映画・舞台鑑賞 | comments(0) | - |
++ カメレオン ++
もう早くに前売り券を買っていた主演藤原竜也「カメレオン」の(←2月の「復活!身毒丸」を見た時に売ってた)が今週までと知って、慌てて観てきましたけど。映画はB級の部類なんだろう、上映してる映画館少なかったし。
kamereon疑いすら持たせず人を欺き金を稼ぐ、あてのない人生。ある日、いつもの様に完璧に獲物を騙しきった伍郎たちが偶然、拉致現場に居合わせてしまった事をきっかけに、暗い闇の連鎖が動き始めていく…。

ネタバレしますのでご注意ください。
結婚詐欺を終えた時拉致現場に居合わせた。政治絡みで拉致した組織がヤクザより厄介と分った吾郎(用兵経験有)は、組織のトップに他の3人には口止めさせると約束するのですが、一人がお金に困って、拉致現場を撮影(←吾郎がとっさに撮っていた)をマスコミに売りにいってしまうんですよ・・・。でも、怖くなりDVDをもって消えるも、新聞沙汰に。それで仲間達が殺されていくんです。乗り込まれ、吾郎がいくら強くても(←凄いよ、格闘シーン!!特に組織の秘書役女性のアクションは物凄かった(☆Д☆)あの人凄い、階段落ちもしてた。車で逃げるテクニックも(☆Д☆))所詮1人対数人なわけで、責任を感じた仲間がバイクの相手に立ちむかい吾郎を逃がすんだよ〜。詐欺やってるよなしょうもない仲間でも、友情の遣り取りもあって結構いいなと思った。
でも、彼女まで狙撃され怒りに目を剥いた表情がすごい迫力で!!!怖かったよ〜!。組織に乗り込み皆殺してくの。組織の頭は国会で証人喚問中、そこに関係者のフリで自分が撮った拉致時の写真(顔しっかり写ってるの)を配り、社会的に抹殺したんだよ〜。面白い展開だった!(o≧∀≦)ノ
彼女との出会いは・・・占いをしてた彼女に「未来に不安」といったら「ここも役立たずなの」と言われその瞬間、地下道へ引っ張り込みパンツのジッパーを下ろし、彼女の手を股間に入れさせた(☆Д☆)、彼女はお返しに胸に手を入れさせる。そんなエロイシーンから始まってビックした(^_^.)
どんなところが「カメレオン」だったのか?。←ずーっと考えながら観てた。
吾郎の行動、状況に応じて対応が的確なんです、用兵してたのが凄く役に立ってます。もっと分りやすかったのは、組織に口止めを約束しに行った時にカメラに向かって手で顔を撫で回してた場面でしょう。ほら、実物のカメレオン、よくヤッテマスヨネ。


今日は身体ボロボロです。
家から最寄り駅まで自転車で5分、電車に乗り込むまで汗を掻き、難波に付いてから席取るのに先にパークスシネマへ、地下街やなんばシティのそれなりにエアコン効いた中を10分程歩いただけで汗が流れて・・・つくづく夏に出れない身体・・なんか蓄熱するみたい。
jyakotoro開始時間までに腹ごしらえ。パークス内のお店、ここ和食・豆腐屋さんかな。
昼のランチ<じゃことろめし定食>ちりめん山椒の麦ご飯にとろろ汁をかける、小鉢はひじきとおから、味噌汁+蕨もちで900円。
自分でも簡単に作れるなぁ・・・と思った。私はよくメカブをぶっ掛けて食べてるけど。

火の音・水の音


今日は家に篭るっ!
買い物にも行かないっ!

JUGEMテーマ:映画


| 2008.07.23 Wednesday * 11:43 | 映画・舞台鑑賞 | comments(0) | - |
++ オペラ座の怪人 ++
劇団四季のミュージカルを初めて観ました。
舞台装置の豪華さ凝った演出、オペラ座の怪人とクリスティーナの声がすごい良くて特にクリスティーナの音域の広さにはホントに驚いたくらい・・さすが劇団四季とおもいましたが・・・脚本もこっちの方が一般的なのはよく知っていますけど、少し前に大沢たかおのファントムで感じたような感動がありませんでした。怪人と呼ばれるに相応しい暴虐武人な性格を全面に出していて現していたように思います。脚本が違うと人物設定まで変わってしまうんですね・・・観ながら「ここ違う!あぁここも・・」と感じてしょうがなかった。
それとやっぱちょっと(>_<)・・・声はホント良いけど怪人も伯爵も所詮体型的には普通の日本人、背が低くてクリスティーナと釣合わないというか・・・やっぱ大沢たかおは見栄えが良かったと思います、しびれましたもん(*^。^*)演出で良かったのはクリスティーナを地下に連れて行くとき、舞台の奈落が開いてそこが階段になっていてその状況がリアルに感じるところでした。

客席はほとんど埋まってましたよ。ただ信じられないことに、私の前の席の人が公演中にカシャカシャ音をたてながらお菓子を食べるのには参りました。映画じゃないんだから(いや、映画もですけど)音をたてるな!!ほんとマナーのない小母はん達でした。
| 2008.03.14 Friday * 11:28 | 映画・舞台鑑賞 | comments(0) | - |
++ 人のセックスを笑うな ++
観てきましたけど・・・題名から予想してた内容と違った。
要約すると独身の年上女性と思って好きになって関係持ってたのに実は人妻だった。それで嫉妬してしまうんだな、せつなくてグルグルしてる。彼女は全く悪びれたところ無く、夫も全く気配を察してない。その内彼女の仕事で会えなくなり、知らぬ間に旅行に行かれて出先から電話を貰って・・・「会えなくなっても関係が壊れることはない」とエンディングですわ。分らない・・・理解できません。
題名から絡みが濃厚なのかと言うとそうでもなく「絵のモデルになって」と言われて脱がされるの。まぁ下着姿まで(^_^.)トランクスだったのがちょっとなー、松山クン結構身体鍛えていたからボクサーパンツだったらカッコイイのに〜と思いながら見てました。 キスはチュとかブチュって盛大に音を立ててたけどその後は匂わす程度・・・小説では濃かったのかな?。年配の人が結構多くて(私の両隣とも爺さんでさ、加齢臭に参った・・)やっぱ絡みを期待してたのか??。
松山クン、その猫背具合も衣装もデスノートのLと重なってしょうがなかった。
| 2008.02.08 Friday * 23:08 | 映画・舞台鑑賞 | comments(0) | - |
++ ファントム ++
2月になっちゃいましたよ〜。
先月大阪で公演したミュージカル・ファントムを観てきました。
ミュージカルって歌劇なんですね(←今頃何言ってんだか・・)芝居とどう違うのかと思ってたけど歌がすばらしいの、BGMは生のオーケストラだし。そこに出てくる人物はプロの声楽家であり俳優でなんですよ〜。すごいね〜。
オペラ座の怪人で一般的に演じられてる脚本は三角関係を豪華な衣装や音楽で絢爛豪華に描いてるものだけど(←偉そうに書いてますが観た事はありません)今回のはファントム=人間(エリック)の視点から親子の情や人間の狡さ、弱さを描いてるものでした。
まだ公演が続いてますので観にいかれる方はこの辺りで。

JUGEMテーマ:趣味


続きを読む >>
| 2008.02.01 Friday * 12:32 | 映画・舞台鑑賞 | comments(0) | - |
++ そして春風にささやいて 映画化 ++
takumitogii映画化されるらしいです・・・ってかもうすぐ公開。・・・・正直、驚きです。
このお話はシリーズで先日18冊目にあたる<恋のカケラ>が出たところ。一番インパクトがあるのが1冊目の<そして春風にささやいて>、これ読んだばっかりに全冊揃えてしまいましたよ・・・・(^_^.)
人里離れた全寮制の男子高校・祠堂学院。
葉山託生は2年生になり、崎義一とルームメートになる。崎義一は通称・ギイと呼ばれルックス、成績ともに抜群で学校のアイドル的存在。そんな二人の仲をねたむ高林泉、高林を慕う吉沢道雄、託生に迫る野崎大介、ギイのよき理解者赤池章三、託生の親友片倉利久、そして世界的バイオリスト井上佐智。たくみとギイのふたりを中心に学院の面々との友情を絡めながら描かれるラブストーリー。
ギイの深い愛情により託生はトラウマによって抱えた「人間接触嫌悪症」から解放されていく・・・・・映画情報はリンクからどうぞ

1冊目に出てこない井上佐智まで登場するとなると小説そのままって事は無さそう。脚本・演出どうなるんだろ??、ギイと託生のキスシーンは当然あるな(*^。^*)、小説では野崎に宅生が襲われるシーンはなかった(ギイvs野崎対決はあった)けど実写はあるらしい←<cinema★cinema No11>にpick up new face 柳下大(託生)×加藤慶祐(ギイ)のインタビューで話してたし。
気になる。
ただ俳優のイメージと小説でのその人物描写(イラストもあるしね)にギャップがあったら嫌なんだけど・・・。
今現在で上映する劇場は東京・渋谷シアターイメージフォーラム12/22〜、大阪・シネヌーヴォX 1/19〜、名古屋・シネマスコーレ 2/9〜 の3劇場、しかもレイトショーだよ。すっごく観たいんですけどやっぱ内容と時間で家を空けにくいわ・・・。
でも、がんばろう( ̄ー ̄)ニヤリ 

恋のカケラ―夏の残像・4 (角川ルビー文庫 10-20 タクミくんシリーズ)
恋のカケラ―夏の残像・4 (角川ルビー文庫 10-20 タクミくんシリーズ)
ごとう しのぶ


JUGEMテーマ:映画


| 2007.12.07 Friday * 14:48 | 映画・舞台鑑賞 | comments(0) | - |


<< | 2/5Pages | >>